NITTEN

社員紹介

調査・企画 スタッフ

調査・企画 スタッフ

私にとってこの仕事は、

精神と時の部屋。
修行の空間です。

Q1.この仕事のやりがいは何ですか?

答えのない難しさ
この仕事には作家的なクリエイティブな部分と、できあがった物を売るビジネスの部分の両面があります。一言で言うと付加価値を売る仕事ということですが、付加価値というものに対しての捉え方は人それぞれで、クライアントや利用者が一体何を快とするかを、コミュニケーションを通じて捉えていくことが重要です。僕らの提供する価値に対して、多くの人が納得した顔を見せてくれた時、この仕事をやっててよかったと感じます。

Q2.この仕事で苦労したことは何ですか?

のめりこむほど苦しくなる
設計の仕事には色々な制約があります。強度や構造といった物理的な制約、時間的な制約、コスト的な制約、もちろんクライアント側の要求も制約になります。それらの制約の中で、自分のやりたい事を表現するには、難解なパズルを解くような地道な作業が必要です。時にはある種の妥協が必要となり、作品に対する思い入れが強いほど、出来上がったものに対しての満足から離れていくというジレンマがあります。

Q3.休みの日は何をしていますか?

自然から受けるインスピレーション
犬をドッグランに連れて行ったり、サーフィン仲間とバーベキューをしたりしています。アウトドアで過ごすのが好きで、休日は一日自然の中で過ごすことが多いです。都会を離れて、山や森の中を歩いていると、たまにいろんなインスピレーションが浮かんでくる瞬間があって、これはデザインに活かせるんじゃないかって思うことがあります。月曜日にはぜんぶ忘れてますけどね。
中地区事業本部
企画開発部
伊藤 晋平
2014年入社

私にとってこの仕事は、

生きる中で
最も真剣に取り組む
「あそび」

Q1.今行っている仕事は何ですか?

開発、企画・計画、設計デザイン 他
商業分野をメインとした、新規分野の開発や企画・計画が主な業務となっています。具体的には、新たに取り組む業界に関するリサーチや、それらを利用した提案やプランニング、また案件によってはデザイン・設計までを一貫して行うケースもあります。多様なスキルが求められていますが、新たな入り口を探し開拓していく立場として、これからも鋭い視点を持ち業務に取り組んでいきたいです。

Q2.この仕事のやりがいは何ですか?

つくることが、誰かのためになる
私たちは、クライアントや世の中が抱える空間に関わる問題を、なにかを「つくること」を通じて解決することが求められている役割だと思っています。問題を少しずつ解決することで、ひとのためになり、世の中を良い方向にしていく力がこの仕事にはあると感じています。1つ1つのアイディアに、責任を感じると同時に大きなやりがいを感じます。つくることを通じて、人々の人生がより豊かになるよう、これからも努めたいです。

Q3.この仕事を選んだきっかけは何ですか?

ひとの近くからの空間づくりに携わりたかったから
建築学部時代に取り組んだ家具製作の課題の中で、1つのテーブルが人の行動と空間の質に大きな影響を与えることを実感しました。そこから、家具・部屋といった小さい単位から「いいモノ」つくることで、誰かの人生に少しずつ「いい時間」を増やしていけるのではと考え、この業界を選びました。少しずつを積み重ね、世の中を明るくすることが今の目標です。
本社事業本部
企画開発部
森 紗月
2017年 入社

私にとってこの仕事は、

自分の人生を
豊かにしてくれるもの

Q1.今行っている仕事は何ですか?

物件全体のプロデュース
主に文化施設の分野において、営業活動を行い、受注に結びつけるための仕事をしています。お客様との会話を受け、デザイナーや制作と共にアイデアを出し合い、魅力的な提案を行うようにしています。また、受注後は計画や施設の完成まで、お客様の窓口として全体のプロデュースを行っています。

Q2.この仕事のやりがいは何ですか?

考えたことが形になる瞬間
お客様と自分たちが考えたことが形になる瞬間にやりがいを感じます。施設の基本構想や基本計画など、施設が生まれる前から案件にかかわり、お客様と一緒に施設の方向性を掴んでいくのは非常に気の遠くなる作業ですが、その時間を経たからこそ、施設がオープンしたときの喜びはひとしおです。

Q3.この仕事で苦労したことは何ですか?

お客様にとって最適なタイミングを図ること
様々な案件を同時並行で進めていくため、スケジュール管理に苦労します。お客様にとって最適なタイミングで提案を行ったり、スムーズに業務を進めていくためには、先々まで見通しながら日頃の業務にあたることが重要と感じています。入社した頃は目先のことをこなしていくだけで精一杯でしたが、徐々に遠くまで見通しながらスケジュールを組み立てることが出来るようになってきました。
西地区事業本部
企画開発部 1課
十倉 史帆
2017年入社
有資格:学芸員・図書館司書
デザイン・設計 スタッフ

デザイン・設計 スタッフ

私にとってこの仕事は、

自分の生活を
プラスにしてくれる
もの

Q1.この仕事のやりがいは何ですか?

結果が目に見える嬉しさ
成果が目に見えて分かることです。設計は細かいチェックや手配、スケジュール管理など大変なことや時間がかかることも多く、完成までとても長く感じますが、完成したときの達成感が得られるのは、ものづくりの仕事の最大のやりがいであると思います。また完成した物件を多くの人が利用しているのを見ることができるのも嬉しいです。

Q2.この仕事で苦労したことは何ですか?

常に勉強の連続
覚えることが多いことです。業界用語や建築法規、施工方法など必要な知識が多岐にわたっており、勉強することがたくさんあります。最初のうちは打ち合わせの内容も分からず、不安がありましたが、上司や先輩、職人さん等ありとあらゆる人に話しを聞き、少しずつ分かることが増えていきました。分かる事やできることが増えるたびに楽しくなります。

Q3.この仕事を選んだきっかけは何ですか?

みんなの「楽しい」をつくる仕事
絵を描くことや物を作ることが好きだったので、美大に行きたいと思っていました。そこで前から興味があったインテリアの学科に進学し、その流れで現在のこのデザイン設計という仕事に就いています。大学生の時に文化祭の実行委員をして、「人が楽しいと思えるものを作りたい」と考えるようになりました。そこで多くの人が楽しめる非日常空間に触れる仕事に就きたいと思い、商業施設や文化施設を多く手がけるこの日展という会社を選びました。
中地区事業本部
デザイン部
長谷川 成美
2015年入社
有資格:二級建築士

私にとってこの仕事は、

新しいモノ・コトとの
出会い

Q1.今行っている仕事は何ですか?

商業空間を中心としたデザイン・設計
ジュエリーブランドショップやレストランなど商業空間を中心にデザイン・設計の業務をしています。会社は調査・企画から施工までトータルで行っているため、空間がつくられる初期段階から完成まで幅広い業務に関わっています。

Q2.この仕事のやりがいは何ですか?

常に新しいものことに触れながら表現する新鮮さ
空間をデザインするために、まずターゲットや商材・展示物、歴史など様々なことを調べます。案件毎に、自分で調査したり、クライアントから教えていただきながら必要な知識を身につけます。案件によっては、商店街を歩き回ることや観光農園を体験しに行くことも調査の一環です。この仕事は、新しい知識や価値観を学びながら様々なかたちで表現していくため、常に新鮮でやりがいを感じます。

Q3.この仕事を選んだきっかけは何ですか?

この仕事を選んだきっかけは何ですか?
大学時代は建築学科に所属しながら、グラフィックデザインやインスタレーション作品などを制作していました。就職活動にあたり自分のやりたい仕事を考えましたが、これと言えるものがなく方向性が定まりませんでした。その中でこの会社を知り、空間からグラフィックデザインまで幅広い要素を考えられる面白そうな仕事だと感じたことがきっかけです。
本社事業本部
デザイン部
水野 翔太
2014年入社
有資格:一級建築士

私にとってこの仕事は、

常に頭の中にあるもの

Q1.この仕事のやりがいは何ですか?

想像したことがカタチとなる
自分が考えたものが実際に形になり、お客様によろこんで頂けること。これがやはり一番かなと思います。面白いと思うこと、良いと思うことをお客様やその先の顧客の方と共有することができる点も、この仕事のやりがいを感じられるところだと思います。このゴールの達成感に向けて、時間に追われながら苦労することも多いそんな仕事をやりきっていく、山登りのような仕事だとよく思います。山登りはすごく嫌いですが。

Q2.この仕事で苦労したことは何ですか?

自分が考えた意図を、人に伝えることの難しさ
私は建築学科出身ではなく、デザイン学科出身だったので、建築よりの仕事内容に最初は戸惑いました。入社当初は自分がしている業務の意味もほとんど分かっていないような状況で、先輩方にはかなりご迷惑をお掛けしていたと思います。最近はいくつものことを同時に進めることが多く、他の人に協力をお願いする必要があるのですが、その際に自分の意図を伝えることの難しさをよく感じます。しっかり自分の考えを持ち、なおかつ他の意見もバランス良く取り入れて進めていけたらと思っています。

Q3.休みの日は何をしていますか?

遊びの中でヒントを見つける
家の日当たりが悪いので、日にあたりに外出していることが多いです。予定がない日もおいしいものを求めてウロウロしています。ウロウロの間にも仕事のことが頭のすみにあるようで、使えそうなヒントが見つかると、1人ニヤニヤしています。
遊びの中にもヒントがある、そうゆうところが面白い仕事だなと思います。
西地区事業本部
デザイン部 デザイン1課
三田 麻奈未
2009年入社
施工監理 スタッフ

施工監理 スタッフ

私にとってこの仕事は、

見えない何かを
カタチにする仕事

Q1.今行っている仕事は何ですか?

お客様の窓口であり、プロジェクトの責任者
物販・飲食店を中心に営業・積算・施工・メンテナンス業務を一貫して行っております。携わる業種は多岐に渡り、1つに限定することなく幅広く関われます。私の役割はお客様の窓口であり、プロジェクトの責任者として設計者様、協力会社様との調整を図り、円滑にプロジェクトが進むように方向付けを行うことです。

Q2.この仕事のやりがいは何ですか?

自分が考えた提案が、お客様に喜ばれる
単に設計されたモノをつくる事だけでなく、お客様の使い勝手やコスト面を考慮して提案し、それがお客様に喜ばれた時にやりがいを感じます。より良い提案が出来るよう、現在も知識や経験を積み重ねている最中です。また何事にもチャレンジできる環境があり、色々な業界・業種に関わることで知識や経験を蓄積することができ、それらが思わぬところで活きてきたりすることがこの仕事の面白さであり、やりがいにもなっています。

Q3.休みの日は何をしていますか?

バスケや海外旅行でリフレッシュ
土日のどちらかは地元でバスケをしています。色んな年齢層の方がいるので、体を動かすだけでなく仕事の話等もでき、良いリフレッシュになっています。まとまった休みが取れれば、海外旅行にも行きます。今年のゴールデンウィークや年末年始は大型連休になりますので、海外に行く予定をしております。
本社事業本部
営業推進2部
野田 佳宏
2016年入社

私にとってこの仕事は、

自分を成長させる場所

Q1.今行っている仕事は何ですか?

商業施設をメインに、様々な業態に携わる
商業施設の物販店舗や家電量販店、デザイナーズホテル等の営業推進を担当していますが、基本的な業務内容としてはクライアントとの打合せや見積書の作成、発注業務等をしています。外出も多いのである程度スケジュールを自分で管理して、自由にのびのびと仕事をさせて頂いています。

Q2.この仕事のやりがいは何ですか?

お客様の笑顔が一番のやりがい
この仕事のやりがいはいっぱいありますが、一番はお客様の笑顔を見られる事。私は今様々な物件を担当させて頂いていますが、準備の計画からオープンに至るまでクライアントの思いやお客様のニーズを少しずつ現実にしていき、工事中には様々な協力会社と何回も何回も密にコミュニケーションをとって、やっと形になってオープンの日を迎えた時に、お店を楽しみにして御来店頂いたお客様の笑顔を見られた時は嬉しいですね。泣いた事もあります。

Q3.この仕事で苦労したことは何ですか?

工事中の思いがけないトラブルなど
事前の計画からオープンの日に至るまでいろんな苦労がありましたね。なかなか工事計画が決まらなく、何度も打合せに足をはこんだり、工事中には思いもしない出来事や、失敗は多々ありました。中には納期が間に合わない事もあっていろんな所を走りまわった事もあります。今となっては良い思い出です。
西地区事業本部
営業推進2部 営業推進課
高岡 拓也
2011年入社
有資格:職長・安全衛生責任者